こだわり米の専門店ニシオカ食糧
お問い合わせ・ご注文は
0120-041580 送料について
カートの中を見る
おこめアドバイザー雑穀エキスパート花乙女&ブランドヘルシーお米ギフト店舗案内かかしニュース
 
北の大地近江の国火の国の地に美味しいもち米を探し求めました。
 
お正月用新もち米が揃いました。
今年も昨年ご好評賜りましたもち米達に登場していただきました。
近江の国・滋賀からは羽二重もち、火の国・佐賀からはひよくもち、北の大地・北海道からは風の子もちを選ばせていただきました。
個性たっぷりのもち米達ですので、貴方様に合ったもち米をお選びください。
おいしいお餅を搗いて、一年の始まりをお祝いください。
 
佐賀ひよくもち販売休止のお知らせ
 
 

令和元年産佐賀県産のコメの作柄を示す作況指数が「63」で「不良」となりました。
7月の日照不足や8月の豪雨による冠水と9月の台風による塩害、さらに病害虫トビイロウンカの影響で10アールあたりの収量は328kg、質の低下に繋がっています。
作況指数は全国平均の「99」よりも大きく下回る「63」で2006年に続いて、佐賀県内で史上2番目に悪い作柄と見込まれています。
もち米生産地が有明海沿岸地に集中しているため、特に台風による塩害の被害が酷く収量低下に繋がっています。作柄悪化を受けて販売を中止せざる状況になりました。

長年「佐賀ひよくもち」をこよなく愛していただいているお客様には誠に残念ながら令和元年産の新もち米をお届けできなくなりました。
変わりに「熊本産ひよくもち」で代替えさせていただきます。
佐賀と産地は違いますが、同じ「ひよくもち」ですので品質は間違いないもち米です。
お正月のお祝いもちとして安心してご使用いただけます。
「佐賀ひよくもち」は一年間休止させていただきますが、令和2年産から再販売いたしますのでよろしくお願いいたします。

 
     
   令和元年11月
有限会社 ニシオカ食糧
 
 
もち米にはからだを元気にする力があるんです。
 
 
 
一番人気は、何と言っても滋賀の米作り名人・薗田耕一さんが丹精込めて育てた減農薬・無化学肥料栽培の滋賀羽二重糯です。
15年以上お付き合いさせていただいている薗田耕一さん。
長年土づくりにこだわり、食品リサイクルで堆肥を作り田んぼに還元した循環型のエコ農業に取り組んでいます。
土の微生物の数は10億(通常は1億)にも達し、その微生物がコメのうまみを育んでいます。お餅にするとよく分かりますが、とにかくうまいんです!
一度薗田さんのお餅を食べた人は、虜になるみたいです。
今年のお正月の祝い餅にはぴったりです。
 
 
 
 
佐賀もちは、お餅にすると弾力性と甘みを感じます。
「私は佐賀もちでなくては」とご指名買いも多いです。
キャッチフレーズ通り「味にさがでる佐賀のもち」にぴったりのもち米です。
お勧めの逸品のもち米です。
 
 
 
 
今ブランド米で人気沸騰の北海道。もち米もブランドもち米になりつつあります。
北海道のもち米団地・上川地区で育ったもち米には定評があります。
硬くなりにくいのが特徴で、「軟らかいお餅がいい」という人にはぴったりです。
北の大地・北海道で育った風の子もち、ネーミングも可愛いですが、味も太鼓判です。
 
 
 
 
Copyright (C) 2006 Nishioka Syokuryou. All Rights Reserved.