こだわり米の専門店ニシオカ食糧
お問い合わせ・ご注文は
0120-041580 送料について
カートの中を見る
おこめアドバイザー雑穀エキスパート花乙女&ブランドヘルシーお米ギフト店舗案内かかしニュース
HACCP(ハサップ)
 
受注後に精米ご注文いただいてから精米し、いつもつきたてをお届けしています。お米は、精米してから酸化が始まり風味を損なわずおいしく召し上がるには2週間ぐらいで食べきるのが理想です。ご希望の精米歩合全国の米処の玄米をご希望どおり精米してお届けします。
クリーン白米・白米・七分つき・五分つき・三分つき・一分つき・玄米、ご要望に応じた精米いたします。
玄米・分づき米(七分・五分・三分)白米。玄米を精米すると、一割程度「ぬか」が出ます。ご希望のお客様には「ぬか」もお付けいたします。

 

ゆめかなえ低グルテリン米

[アドバイザーのコメント]

家族みんなで美味しいごはんを食べたい。そんな夢を叶える願いがこめられたお米です。
 

「ゆめかなえ」は低グルテリン米で、腎臓疾患等で食事療法中の方が「家族みんなで、美味しいご飯を食べたい」という「夢を叶える」という願いが込められてできたお米です。
「ゆめかなえ」は体内で吸収されやすいタンパク質の量が少なく、さらに食味も良好です。食事療法中でも、美味しいご飯を家族みんなで一緒に召し上がることが出来ます。

低グルテリン米とは?

低グルテリン米とは、体内で吸収されやすいタンパク質(グルテリン)の含有量が少ないお米。腎臓病の患者さんのようにタンパク質の摂取を抑えている方々に、利用価値の高いお米として注目されています。
ゆめかなえは千葉県で育成された食味のよい低グルテリン米品種です。

※玄米は精米しますと、1割程度ヌカとして出ますのでご了承ください。
※「ゆめかなえ」は、病状を改善するお米ではありません。必ず担当医とご相談の上お召し上がりください。
※リン・カリウムの制限が必要な方には、よく研ぐこと、そして米を浸していた水を取り替えて炊飯してください。リン・カリウムは水に溶けやすいので、水で洗い流すと考えてみてください。

 

精米:
ぬか:


腎臓疾患の食事療法におすすめのたんぱく質を抑えたお米
減農薬米
千葉県山武市
生産者-川島俊夫
 
 

腎臓疾患等で食事(タンパク質)制限を受けている方の為に開発されたお米です。
(ご注意:必ず担当医及び栄養士の指導の基、お召し上がり下さい。薬ではありません。また、詳しいことはわかりませんが、アミノ酸代謝異常の方には問題があるようです。)

平成17年に新品種に登録された新しい低グルテリン米(かつては、低タンパク米と呼称)です。

『ゆめかなえ』は、一般の米と比較して総タンパク質の割合は殆んど同じです。では、何故、このようなお米が以前は低タンパクと呼称されたのでしょうか?
タンパク質には、消化しやすい易消化性と消化しにくい難消化性があります。普通のお米の場合、易消化性が75%くらい、残り25%くらいが難消化性です。『ゆめかなえ』は、この比率を変えて、易消化性が50〜60%と少なくなっています。つまり消化されずに排出される量が多い分だけ、体が摂取する量が少なくなるという意味で、「低タンパク米」なのです。そして、易消化性タンパク質の主な成分がグルテリンで、これが少なくなるので「低グルテリン米」と呼ばれています。

低グルテリン米『ゆめかなえ』は、これまでの特殊な米とは比較にならないほど良好な食味です。
上記のように、必ず担当医・栄養士の指導の基で召し上がっていただかなければなりませんが、辛い栄養制限下での食事が少しでも楽しくなることをお祈りします。

 
 
■『ゆめかなえ』の品種特性は、家族みんなで食べられる美味しさが特徴。作りやすさも嬉しいお米です。
 
 

 

■令和元年産ゆめかなえ米タンパク質分析報告書

 
 
Copyright (C) 2006 Nishioka Syokuryou. All Rights Reserved.